読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SUIKAのSMILE通信

大自然と遊んだ日記 (防備録兼ねてます)

初めての尾瀬 雨・・・

2012年6月16日(土曜日)

おばちんと二人で、初めての尾瀬体験をしてきました(^O^)/

天気予報は雨 朝から雨
わかっていたのですが、雨の尾瀬もステキらしい、雨の日のアウトドア体験も
しとかないかん、ってことで、行ってきました〜(^O^)/

奥只見遊覧船   7:50分出発
尾瀬口船着場   8:30着
沼山峠行きバス  8:40発
沼山峠バス停   9:45着
沼山峠口出発   9:53
大江湿原    10:35
尾瀬沼ビジターセンター 11:07
お昼・休憩・長蔵小屋売店
ビジターセンター 12:30分出発
沼山峠休憩所   13:45着
バス       15:00発
遊覧船尾瀬口着  16:05着
遊覧船発     16:10発
奥只見着     16:50着
車で小出 夕飯 そして、自宅へ

あこがれの尾瀬に、我が家から日帰りができるんです
しんじられない〜よね。



雨です。
遊覧船から外を写しました。晴れたらいいのに・・・
この先ちょっと不安 だいじょうぶかなぁ


船着き場にはちゃんと予約したバスが待っていました。
あざーす!
このナイスミドルのおじさま(もうおひとり男性の方と)
は、途中の平ガ岳バス停で降りていかれました。
すごいね・・・後から調べたら平ガ岳は日本100名山なんですね。(^O^)/


沼山峠登山口です。雨で木道が濡れています。
ザーザーではないですが、シトシト、シトシトと雨が降っています。
それでも、大勢の方がこの沼山峠を越えていかれました。
カラフルなレインウェアにザックカバーが、雨の日に映えて綺麗でした!


行程、すべて木道です。滑らないよーに、慎重に。
峠は最初は結構きつい・・そうですねぇ、六万騎山くらいの登りかな?
と勝手に比較してみる。その後はずっとなが〜い下りになります。(ということは、帰路は登りになるってこと?だよね(−−〆))


なが〜い沼山峠を降りると、そこが大江湿原です。水芭蕉の群生が見えるのですが、突然の風に雨に、ぼーふーう(暴風雨)!!! うぁ〜! 風が〜!!! という状況下で写しました。ぼやけていますね・・・。無理です! カメラはびしょびしょ!手が冷たい。


そんな中でもやっと写した桜! 
ぼやけてる・・・しょーがないのよ〜 (@_@;)
寒い・・寒い・・・手が冷たい・・・手袋びしょびしょ(防水手袋必要です)


一本杉? 幻想的で綺麗でしょう。
雨ですよ、風ですよ。私たちの顔は雨でぐちょぐちょ・・・


というわけで、ようやく到着したビジターセンター。
大勢のお客さんが雨宿り。そしてお昼を食べていました。
今日は遠足だったのか、親子連れの団体さんが楽しそうでした。お弁当もおいしそう!

まずは、お昼を食べて、レインウェアの下にシャツを着込み、寒さをしのぎます。
体もようやく温まってきたので、ちょいと隣の長蔵小屋売店で尾瀬グッズを観賞。



手袋がびしょびしょになったので、記念に尾瀬軍手を購入しました。
¥500 
かわいい! 水芭蕉が真ん中にドカンと。 指先は燧ケ岳と尾瀬沼か?黄色のドット柄が、夏のニッコウキスゲをイメージしたのではないかと・・勝手に想像してニヤリ。
かわいいです(^O^)/



雨も小ぶりになりましたので、少しだけ、尾瀬沼を散策・・ほんのちょっとですが・・・
その時の写真です。


雨の尾瀬も綺麗です。
雨の尾瀬に来なければ見れない風景です。
来て良かった〜(*^_^*)

帰りは雨も小ぶりになり、歩きやすく、順調に帰ることができました。
沼山峠休憩所(バス停)に着くころは雨はあがり、空も明るくなり、雲の切れ間に青空も見えてきました。

いったい誰なんだよーー雨女! 

休憩小屋では時間がたっぷりありましたので、まずはストーブの近くで暖まり、コーヒーを注文。そして、ビールをおいしそうに飲んでいるおじ様(ご夫人様もご一緒)とお喋りタイム。なんとこのおじさまは某医大の薬学の先生でありました。

さて、時間になりましたので、1時間ほどのバスと、30分ほどの遊覧船で
帰ります。 バスの中では半寝状態です。 


雨上がりの遊覧船からの只見湖の絶景を!

雨の尾瀬もなかなかいいもんです。
寒くて最初はきつかったけど、それはそれでとっても楽しかったよ!
今度は晴れた尾瀬に行きたい!

ご参考までに:
シルバーラインから丸々一日、携帯は圏外です。

おばちん、またいこーねーーーー!!
アウトドアは雨でもさいこーやねー(^O^)/

ありがとうございました (^◇^)