読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SUIKAのSMILE通信

大自然と遊んだ日記 (防備録兼ねてます)

坂戸山(寺の鼻コース)  

 

2013年6月8日(土)晴れ ☼

 

娘1号が日曜日の「グルメマラソン」に参加するために帰省するので、この日は山予定を入れずにおりましたが、午後から友達に会うとのことで外出。時間が空いたので、おトゥと初めて寺の鼻コースからの坂戸山に登ってきました。

長いコースでアップダウンもいい感じにあり、かと言って平な稜線歩きもあり、私にはあっているコースだな、と思いました。 帰りは城坂コースを降り、それぞれのコースの登口に停めていた車2台で其々帰ってきました。

山はもう春から深緑色の初夏の風景に変わっていました♬

 

f:id:suika980:20130608141923j:plain

 

登りはじめの登山道

里山って感じの道ですね。 日差しも暑かったです。

出発は11時半ですし・・・(>_<)

 

 

f:id:suika980:20130608142459j:plain

杉林を抜けて見晴らしのいい尾根にでますと、これから行く山頂がよく見えます。

左手のとんがったところが実城、右手が大城です。 

中世の山城です。上杉景勝直江兼続が育った坂戸山です(((o(*゚▽゚*)o)))

 

「送り〜ましょうか♪ 送られましょうかぁ〜♪ 寺の鼻まで時雨に濡れて〜♬

昔しゃぁ〜お六と〜ぉ〜昔しゃぁお六と桂姫〜♬♬」っていう「お六甚句」の

歌詞ですが、このお六ってのが、兼続ですね〜。兼続の幼少時代の名前は与六と言いました。 親しみを込めて、「お六」と呼んでいます。 桂姫ってのは、景勝の妹です。二人は恋仲だったそうな。

桂姫は寺の鼻(今の大月)に母親と住んでいたので、寺の鼻は二人のデートの場所だったのでしょうね〜♥

 

・・・と記事が脱線したついでに、登山口にあったこれ! 

f:id:suika980:20130608141115j:plain

ハイ! これが、お六甚句の歌詞ですYO!

 

先に進みます!

f:id:suika980:20130608145326j:plain

ツツジとウラジロヨウラク

前日の雨でショボンとしておりますが、久しぶりの恵みの雨だったので、これから元気になるはず。ファイト!

 

 

f:id:suika980:20130608143718j:plain

いかにも「城山」って感じの尾根道です。

 

 

 

f:id:suika980:20130608145922j:plain

振り向いて、登ってきた道。

稜線の端っこから登ってきました。結構な距離だよ〜

8合目手前から薬師尾根と合流。

相変わらず薬師尾根の最後の急登は辛い (>_<)

約1時間ちょい、で山頂へ到着

f:id:suika980:20130608152339j:plain

山頂から谷川方面。

さすが、山城です。 三国国境からの領域をすべて見渡すことができます。

 

そして、反対側

f:id:suika980:20130608152920j:plain

八海山! 山頂は雲がモクモク・・・見えません、残念!

こちらも、上田庄の国境まで見渡せることができます。

 

 

f:id:suika980:20130608153147j:plain

 

桃の木平ちかくに咲いていたウラジロヨウラク 

可愛い!可愛い!

 

 

f:id:suika980:20130608154331j:plain

 

随分と木々の葉っぱや草が大きくなっていました。

城坂コースは、そよそよと風も通るし、膝に優しいし、下山には好きなコースです♥