読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SUIKAのSMILE通信

大自然と遊んだ日記 (防備録兼ねてます)

鳩待峠〜アヤメ平〜竜宮〜山の鼻〜鳩待峠 ぐるっと尾瀬旅

2013年8月4日 (日曜日)☼のち☂ のちに☼

 

週末に限って雨が降るなど、山に行けない日が続いておりましたが、

天気予報によると、4日の日曜日は☼の模様

オトゥは仕事でいけず、初心者女2人では高い山に行く自信もなく、やっぱりこーゆうときは尾瀬でしょう。ってことで、今回は初めての群馬県、鳩待峠からの尾瀬入です。

せっかくなので、山登り要素も取り入れた、天空の楽園と言われるアヤメ平からの〜尾瀬ヶ原攻めをすることにしました。

 

っと、その前に!

戸倉からバスにのり鳩待峠行きのバスの中で、ついに「クマ」目撃!

うっかり道に出てしまった小熊。 黒い動く物が・・あ、クマだ、と思った瞬間、森の中に消えていきました。目撃したのは運転手と助手席に座ったハイカー、そして運転席の後部席の私たちだけ。それも山友は黒い物としか認識できなかったようで、残念。 私は小熊と目があったような気がする(*゚▽゚*)v 運転手さん、今年4回目のクマだそうです。毎日の運行でも見ない人は見ないという。なんてラッキーなんでしょ♥

ラッキー号に乗らせていただきました m(__)m

(歩いていたときのクマ遭遇は避けたいですけど・・)

 

鳩待峠ビジターセンターの裏側がアヤメ平への登山口です。

7時半出発 (((o(*゚▽゚*)o)))

 

f:id:suika980:20130804072727j:plain

最初だけちょっと急登 登りはじめなのでちょっと息があがる・・

でもすぐにギアチェンジ あとはずっと緩い登りで楽チン♥

 

f:id:suika980:20130804073134j:plain

時々このようなぐちゃぐちゃな根っこ道もありますが、ほとんどは木道なので安全です。

 

f:id:suika980:20130804075611j:plain

大勢のハイカーで賑わっているだろう尾瀬ヶ原にくらべ、アヤメ平に向けて歩いているのは、今のところ私たちだけみたい。 こうゆうところでのクマは怖いので、鈴を鳴らしたり、口笛吹いたり、大きな声で話をして歩いていました。

 

f:id:suika980:20130804083021j:plain

1時間くらい歩いたかな、パーっと開けたところが横田代というところ。

視界が開けるってイイよね〜(*゚▽゚*)

 

f:id:suika980:20130804083117j:plain

このような池塘が点在しています。

そして、黄色いピンピンと伸びているお花がキンコウカ

 

 

f:id:suika980:20130804083546j:plain

この時期の尾瀬はキンコウカが満開です。

とくにこの横田代あたりからアヤメ平はキンコウカの黄色い絨毯が敷き詰められていました。この黄色がオレンジ色に変わる秋も訪れてみたい♡

 

f:id:suika980:20130804083641j:plain

木道脇にはチングルマの綿毛

 

 

f:id:suika980:20130804083958j:plain

振り向けば、目の前に至仏山がドーーーン!!

素晴らしい景色に見とれている間にいつの間にかアヤメ平に到着

 

 

f:id:suika980:20130804084031j:plain

「ペーターーーーー\(^o^)/」

ハイジの声が聞こえてくるよう!

 

f:id:suika980:20130804091919j:plain

と、目の前に燧ヶ岳が〜

 

 

f:id:suika980:20130804093831j:plain

ドーーーン!!

燧、頂上がガスっています・・

燧が浮いているよ〜

 

ようやく、ここに来て3組みのハイカーと出会いました。

3組の貸切のアヤメ平で〜す!!

 

f:id:suika980:20130804094053j:plain

アヤメ平を通り過ぎ、富士見峠への木道を歩いていきます。

アヤメ平とは対照的なダイナミックな峠道 

 

 

f:id:suika980:20130804094117j:plain

遥か向こうに片品の町が見えます

標高1968m

結構高いんだ。

巻機山くらいの高さはあるんだ

 

f:id:suika980:20130804094303j:plain

おまけ

 

残念ながら今日はガスっていて富士山は見えませんでした・・・

 

f:id:suika980:20130804094143j:plain

尾瀬とは思えない雰囲気がここにはあるね

イイネ 好きだな こーゆーの。

 

f:id:suika980:20130804095857j:plain

富士見小屋に到着

新しくなったトイレがあるそうで、アヤメ平から一緒に歩いた4人組みのハイカーさんに勧められてのWC休憩となりました(笑)

「あなたたち、せっかくここまできたんだから〜  新しくなったトイレを見ていきなさいよ〜!」

「はーい!」

楽しいね♡♡ こんな山の上にもトイレの神様はいるんだよ♡

 

 

f:id:suika980:20130804113313j:plain

さて、富士見小屋から竜宮小屋まではコースタイムで2時間

そんなにかかるかぁ?と思っていたけど、いやぁ、参りました。

下りのながいこと・・・途中までは木道があったけど、途中からはそれも無くなり、

ゴロゴロとした岩や石、ぐちゃぐちゃの土、そんな下りが1時間半以上続きました。

本日の山行では一番の難所でした・・・ようやく到着し、尾瀬ヶ原湿原が見えてきたところ。 

「やっと来た 長かった〜」って感じです(>_<)

 

f:id:suika980:20130804113729j:plain

向こうに見えるのが尾瀬ヶ原のメインストリート

大勢のハイカーで賑わっていますよ〜

あともうちょっとです。

お腹が空いてきたので、もう頭の中は食べることばかり・・・

 

 

f:id:suika980:20130804114603j:plain

 

竜宮小屋がよく見える場所でランチタイム

いやぁ〜初めての尾瀬ヶ原ですが、広大なんだね〜

尾瀬沼の大江湿原の何倍もの湿原が広がっているので、それはそれはビックリしやした(>_<)

f:id:suika980:20130804122512j:plain

さっきまで明るかった至仏山がガスってきました。

う〜ん、雨が降るかもね、の雰囲気。

・・・ん? ん? なんだか、揺れてない? ねぇ、揺れてるよね・・

と山友に聞いてみると、しばらくして、うん、揺れてる・・。

時間は? 12時28分、29分・・多分地震だと思いました。

(帰ってみるとやっぱりこの時間、東北地方は震度5弱だったようです)

 

 

f:id:suika980:20130804122808j:plain

 

初めて見る歩荷さん

後ろ姿ですが・・イケメンの歩荷さんなのよ♡ 萌え〜♡

 

 

f:id:suika980:20130804125110j:plain

雲行きが怪しくなってきました。

帰りは降られそうです。

山の鼻まで約4、2キロ  まだまだ先は遠いね

 

 

f:id:suika980:20130804125714j:plain

 

尾瀬沼とは違って、ここの木道は背が高い

キョロキョロしていると、足を踏み外しそうになります。けど、キョロキョロもしたいので、落ち着かない・・落ちたら大怪我間違いなし・・・ 緊張の連続

 

 

f:id:suika980:20130804114022j:plain

尾瀬ヶ原池塘が点在していますね。

ヒツジグサがいっぱい

 

f:id:suika980:20130804130405j:plain

浮いて(咲いて)いました。

 

 

f:id:suika980:20130804130357j:plain

覚えたての「ひつじくさ」

尾瀬沼VCの「尾瀬のひだまり」さんから、未の刻頃(午後2時頃)に咲く花から「ひつじくさ」という名前がついたと先日教えてもらったばかり(でも10時頃には咲くらしい)。 

 

f:id:suika980:20130804131925j:plain

 雨だ ☂だ〜

雨でもGOOOOOOOD ☂が似合いますなぁ〜

カラフルなレインウェアにリュックカバーで彩る尾瀬

 

 

f:id:suika980:20130804135528j:plain

山の鼻に着く頃には☂は小振りになりました

 

 

 

f:id:suika980:20130804135558j:plain

山の鼻まで、もうちょい

 

 

f:id:suika980:20130804141440j:plain

山の鼻ビジターセンターでちょっと休憩

ふぅ〜 けっこう歩いたね・・・

ここから鳩待ち峠までは3.3キロ あと1時間ちょい

がんばろ!

 

f:id:suika980:20130804141603j:plain

 

うわぁ〜

すげーな、この木 (゚o゚;;

森の中をどんどん歩いていきます。

 

 

f:id:suika980:20130804142637j:plain

うわァ〜

なんだこの岩

おっと、団体さんが右側を歩いてきました・・・

「すみませ〜ん、右側歩いちゃいました〜 間違いました〜」

「どうぞ、どうぞ」を道を譲ったら、あれまぁ、大勢の生徒さんたち。

元気な声で「こんにちは〜!!」 爽やか〜♡

この岩、反対側はもっと深いところからそびえ立っています。デカっ!

 

 

 

 

 

f:id:suika980:20130804151137j:plain

あの岩を通り過ぎたころから始まった、きつくてなが〜い登り・・・

最後はきつかったなぁ〜

テンションおもいっきり下がったところに見えた明るい光☆彡

ゴーーーーーール (((o(*゚▽゚*)o)))

 

本日歩いた距離数 約18キロ

休憩時間も含めて8時間

頑張ったぜ!

 

帰り、戸倉からしばらく車を走らせ「尾瀬市場」というところで、無料の「足湯」で足の疲れを癒しまひた。

 

今日も大自然に遊んでもらって楽しい一日を過ごすことができやした。

ありがとうございました m(__)m