読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SUIKAのSMILE通信

大自然と遊んだ日記 (防備録兼ねてます)

ちょっと六万騎まで 

2013年12月21日(土)☁ ☃

午後、空がすこし明るくなってきた。

雪山でも私ひとりでいけるところ、やっぱり六万騎かな。

この時期の六万騎はどんな景色なんだろう。どこまで登れるのか、興味深々で

スノーシューもって散策に行ってきました。

 

 

六万騎に着くと小雨が降り始めていました。

そして、大事な手袋を片方どこかに落としてしまったようです。

車の中を探してみましたが、たぶん急いで家をでたので玄関のあたりに落としたのだと思います。

ま、動いていれば手も暖かくなるでしょう。ダメなら戻ってくればいい。

ほんと、気楽にいけるいいお山です。

 

f:id:suika980:20131221133139j:plain

庚申口から登ります。

登口からの登山道。 階段が見えていますので、スノーシューは手に持って、長靴で登ります。

 

 

f:id:suika980:20131221133509j:plain

まだ、長靴でいけますね。 

 

 

f:id:suika980:20131221134341j:plain

天然なめこが生えています。雪が降ってもなめこは生える、ことは聞いていましたが、ホントだ! 

もっと密集していたらいいのだけど・・・一回分のお味噌汁くらいの分はありそうですが、木まではちょっと遠い・・。 今回は諦めます。

ツルツルの頭が光ってて、可愛いです♡ 

 

 

f:id:suika980:20131221135441j:plain

どうも、晴れそうもありません。

山頂あたりは霧ですね。 あいかわらずモノクロの世界ですわ。

 

 

f:id:suika980:20131221135722j:plain

雪は長靴の高さを越えてはいないのですが、雪の下が階段の時もあり、踏み抜いた時にガクッとリズムが狂うので、このあたりからスノーシューをつけました。

 

 

f:id:suika980:20131221135801j:plain

また見つけました。 モノクロの景色に生えるなめこちゃん。

けれど、どうしてもこの木に近づくことができません。 登山道から外れ、崖っぷちに生えているのです。 雪がなければね。それかもっと雪が積もっていればね。

 

 

f:id:suika980:20131221140835j:plain

だいぶ雪の量が増えてきました。雨で雪が重たくて汗だくだくです。

手袋なくても体がポカポカなので全然問題なし。

まだ行けそうです。

 

f:id:suika980:20131221135237j:plain

大量の水がブナの幹を伝って地上へ流れていきます。

この大量の水が腐葉土をつくり森を豊かにしているんだね。橅の役割は大きいな♬

 

f:id:suika980:20131221141000j:plain

気が付けばもうすぐ山頂。

このトラバース地帯を越えて、ぐるりと回れば山頂なのですが・・・

トラバース地帯、斜面の雪が落ちています。 登山道も狭い。

スノーシューは斜め歩きが弱いし、長靴だけでは滑りそう。 

ってことで、今日はここまで。 

諦めも早いのだ♡

 

f:id:suika980:20131221142430j:plain

下山時、長靴にスノーシューは足首が安定しないので疲れます。

スノーシューの下山はもともと好きではなく、スノーシューがスキー板のようにすべってくれれば楽なのにな。

スキーで下山♡

さ〜て、今年の冬、私はスキーに挑戦するのでしょうか? 

スキーはもう十年くらいご無沙汰だなぁ。 

滑れるのでしょうか?