読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SUIKAのSMILE通信

大自然と遊んだ日記 (防備録兼ねてます)

青空の下で @六万騎

2014年12月28日 日曜日 ☼

 

朝はすごく冷え込んで、玄関先の気温はマイナス10度だった。

うぅぅぅ・・寒い!

でもでも、空は青空です。 ひさしぶりなんだなぁ〜、太陽の輝き☼

 

最近は仕事で疲れているせいか、週末は家でゴロゴロばかり。

「動けよ動け!」

「やだ、めんどくさい」

「動け!」

「わかっているんだよ」

「ブーちゃんになるよ!」

「だよね」

みたいな脳内会議の末、

困ったときの六万騎に行くことにしました。

せっかくだから、私と同じように、多分ゴロゴロしているだろう山友を

誘ってみたら、即答でOK! 

 

庚申口に到着してみたら、めずらしく先行者がいるみたいで、トレースがしっかりついておりました。 ひとり?いや2人のような・・

近くには所沢ナンバーの車が停っています。 遠くからいらっしゃたのね。

 

f:id:suika980:20141228110932j:plain

やっぱ青空はいいわ!

何もかもが美しい (^O^)

 

f:id:suika980:20141228110939j:plain

ラッセルお疲れ!

トレースがあって楽チン

ありがとうございます!

 

 

f:id:suika980:20141228110945j:plain

ラッセルする必要がないので、気持ちよく歩くことができました。

周りの景色もこんなに綺麗。

煙が見えるところは、八海醸造だね。

 

f:id:suika980:20141228110951j:plain

眩しくてスマホが見えないよね。

私達はこんなに軽装でやってきたのです。

だって、頂上を目指すわけではなくて、のんびりと行けるとこまで行く

それだけのスノーシューハイク。

でも、先行者のおかげで結構、高いところまで来ることができました。

 

f:id:suika980:20141228114717j:plain

いました!

先行者。オジ様達二人連れ。

こんにちは〜ヽ(・∀・)ノ と声をかけ、

「ラッセルありがとうございまーす!」とお礼をしました。

ここまでのラッセルのお礼に、今度は私達が前を歩き、スノーシューでトレースを作ることにしました。

急登はオジ様達が先行してくださいました。

しかし、山頂直下の見上げるような壁を目の前にして、ボーゼン・・

オジ様たちは、直角に近い壁を登っていきますが、スノーシューの私達は

この壁を登る自信はありません。それにあまりにも軽装です。

決断も早く、山頂直下の壁を目前に諦めることにしました。

 

オジ様たちと別れ、私達はきた道を戻ります。

ここまでこれたことが、ビックリなので、オジ様達に感謝です!

 

f:id:suika980:20141228114723j:plain

帰りも綺麗な景色を堪能します。

 

f:id:suika980:20141228121407j:plain

おーーっと、キジがいたよ!

焦りながらシャッターをきったのだけど、わかるかなぁ〜

 

f:id:suika980:20141228122224j:plain

お〜っ、今度は猿だよ!

いっぱいいるね!

 

f:id:suika980:20141228122200j:plain

お猿さんも、久し振りの青空で気持ちが良さそうです。

 

来てよかった!六万騎

思いもよらない出会いもあった。

やっぱり動かないとダメね。

 

今度来るときは、簡易スコップが必要ですね。

念のためカンジキとロープ。

これがあれば、行けるかも!!