読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SUIKAのSMILE通信

大自然と遊んだ日記 (防備録兼ねてます)

福島県 大内宿

 

2015年6月21日 日曜日 曇り

 

福島県の大内宿へ行ってきました。

前日登った浅草岳を、只見登山口から見あげてみたいと思い出かけた旅でしたが、あいにくの曇り空、浅草岳は雲の中。

ならばこのまま福島県、一度は行きたかった大内宿を目指しましょう!

噂には聞いていたが、実際の大内宿はどんなところなのでしょう!

 

うぅぅ?

ナビ間違ってないよね^^;

随分と山奥に向かってるよ!

グルグルと峠道を走らせていくと、

 

f:id:suika980:20150714191109j:image

いきなり視界が開け、目の前に大型バスが何台も停まっておる。

大内宿の駐車場に到着なのでした。

 

 

f:id:suika980:20150714191140j:image

大内宿に入るとすぐに現れたのが修繕中の大きな茅葺屋根のお家。

張り替えられた藁ぶきがこれまた新鮮でいいですね。

 

f:id:suika980:20150714204215j:image

大内宿

道路脇には川が流れ、お家の前の川には洗い場あり。

子供の頃、私の町(村?)のメインストリートにも、このような洗い場が家の前にあったっけな。懐かしい。 

 

f:id:suika980:20150714191204j:image

当時は賑やかな宿場町。

今は、お蕎麦屋さんやお土産物屋さん。

観光客で大賑わい。

 

f:id:suika980:20150714191221j:image

一軒一軒のお家の重厚感

歴史の重みが感じられます。

  

f:id:suika980:20150714191235j:image

かつての旅人が、長い峠を越え安堵と共に見たであろう風景

まさにタイムトリップ!

 

f:id:suika980:20150714191247j:image

これはいったい何でしょう?

 

f:id:suika980:20150714191256j:image

ハチの家なんですね

 

f:id:suika980:20150714191304j:image

おすましネコちゃん

じっとしているので置き物かと思いました。

 

f:id:suika980:20150714191318j:image

 

明治11年夏

東京から東北を抜け北海道へと旅をした、イギリス人女性イザベラバードが泊まったと言われるお家。

今はお蕎麦屋さんです。

 

f:id:suika980:20150714191328j:image

この大内宿の家の殆どが、200年以上の家、中には400年の歴史を刻む家が現存しています。すごいのは今でもそこで生活が営まれていること。

次世代への継承が難しいかもですが。ずっとこの先もこの風景のまま残していって欲しいと思います。


いい旅でした!本当に(^O^)/

f:id:suika980:20150714222636j:image

娘たちも一緒に、次はね(^O^)/