読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SUIKAのSMILE通信

大自然と遊んだ日記 (防備録兼ねてます)

尾瀬メロディーロード珍道中withママーズ

2012年10月6日(土曜日)


思い出しただけで笑えちゃう(>_<)
尾瀬へ珍道中の旅に行ってきました(*゚▽゚*)

2号、高校部活の保護者ママーズ♪
このメンバーで旅をすると必ず何かが起こります(笑)

たとえば、カーナビとの本気の会話、酔っ払いの宝塚ごっこ、
モノマネごっこ、踊る、歌う、ボケにツッコミはあたりまえ。

こんな私たちの旅はいつも、最初から最後まで笑いっぱなし(((o(*゚▽゚*)o)))
さて、今日はどんな旅になるのでしょうか。

今日のメンバーは超省略して紹介すると、
「ブルー」、「グリーン」、「ピンク」と「パープル」の4人です!
(ご参考・写真)

今日のコースはいつもの奥只見〜沼山峠〜大江湿原〜尾瀬沼のピストンです。
今日の目的は、
①まずは無事に尾瀬に行って帰ってくること
②美味しい山ごはんを食べること。
この2点!

朝6時半に小出ICで待ち合わせ。遅刻者はいません!すばらしいーーー
皆のザックはパンパンです。何が入っているのかは、お楽しみですね♥
私のザックもパンパンです。山コンロ2個に鍋、食材・・・フフフ
今までの山行でトップレベルの重さです・・・。

まずは何事もなく、乗船し尾瀬口まで到着しましたヨン。
あれに見えるは尾瀬口階段。あの急登を登ってバスに乗り換えます。
ここが最初の難関です。

ところがですよ、他の3人はハァハァ息を切らしているのに、
グリーンちゃん、「私ってさ、徐脈なんだぁ〜、アスリート心臓なんだぁ」
って言いながらズンズン階段を駆け上がる。 
それにしても強っ!! この階段をスタスタと・・・・

バスは1時間余り、険しい山道をグルグルと走っていきます。
車とすれ違うのも大変です。急ブレーキは当たりまえ。
案の定、ブルーちゃんが車酔い。 

ようやく沼山峠に到着。
トイレを借りて、準備をして、さーーー行きましょーー。
って、その前にパチリ!
バカ殿ポーズ♪  シェーッ♪

イノチっ♪  クネクネ〜♪  
ブルーちゃん、顔色青いですよ。大丈夫っすか?

沼山峠から見晴らし台まで、しゃべるしゃべる。
きゃっきゃきゃっきゃ(^O^)
すれ違ったおじさんから、「おーー元気だねーー!」とエールをもらう。
「アザース!」 

見晴らし台からは「綺麗な尾瀬沼」が見えます。
フルメンで(^O^) ガッツだぜぃ!

途中で見つけた白雪姫の絵本にでてくるようなキノコ
ここで、ついにグリーンちゃんが「きのこのうた」を歌ってしまう♫

すぐ近くには開いたキノコ
近くにいた人達も写真とりまくり(^O^) 

こんなんしてキャーキャーしているうちに到着しました。
大江湿原です。
おぉぉぉーーーすごーーーい!草紅葉!
秋尾瀬ですよ〜(*゚▽゚*)

空にはヘリコプター
荷物を運搬しています。冬支度でしょうか。 
あれにぶら下がってみたいよね、と言うのはブルーちゃん。

尾瀬沼のシンボルツリー
三本カラマツ 
あ〜ホントだ、3本あるぅ〜とピンクちゃん 
ステキ〜〜 
そうそう、ピンクちゃん、木道のことを「渡り廊下」と
言ってたっけ(^O^)


記念の写真を撮りましょう。
今、目が合いましたよね。はい、そーゆーこと。
「写真おねがいしまーす」

笑って笑ってお腹をかかえてのハイキングは中盤に差し掛かりました。
尾瀬沼ビジターセンターに到着です。
さぁ、本番はこれからですよ(^-^)

私たち騒がしいから、人があまりいない場所を探し出し、
いい感じにポツンと長テーブルに椅子がありました。
ここに決めてお昼の用意です。

メンバーのザックから出るわで出るわ・・
おにぎり、パスタ、半熟煮玉子、辛ラーメン、うどん、漬物、コーヒー
生ハムチーズクラッカー・・

通り過ぎる方から「すごーーーい」とエールをもらう。
「アザース、一緒にいかがですか〜?」って一応声かける。

お腹も一杯。 大満足。
歩いて腹を抱えて笑って消費したカロリーもお昼でチャラ。
チャラどころかプラスですよね。
腹ごなしに少し周辺を散策してから帰ろうね。

きれいに紅葉し始めた燧ヶ岳
来年は絶対に登る!と宣言したよ!

イェーイ

おねーさん、右側通行ですよ(^O^)

骨みたいに白い木 ダケカンバ? ダカンバ?
カンバダケ?といろいろな名前が出てきて、結局なんだっけ?。
挙句に「骨」から「骨粗鬆症(こつそしょうしょう」から
骨密度の話題まで発展!

無事に沼山峠に到着しました。
3時発のバスは難なく間に合いました。
バスの揺れを利用して体幹鍛えるパープルやピンク、
案の定、往復バス酔いしちゃったブルー、早いうちに熟睡の
グリーンも無事に尾瀬口に到着。 
ブルーちゃんにとって尾瀬の難関はバスです。

そして、3人づつのタイタニック(^-^)

奥只見からシルバーラインを抜けたところにあるメロディロード
知っていますか?

実はシルバーラインに向かって行く途中、路面の削れにより、メロディが
奏でる道があるのですが、朝のこの道を走った時の感激が忘れられずに、
帰り道、Uターンしてメロディロードを2回も往復しちゃいました♫♫
「夏がくwwwれば思い出すwww、遥な尾瀬wwwwww遠い空wwwww」

また来年行きましょうね!
楽しい珍道中尾瀬の旅でした〜。
メンバーに感謝。
ありがとうございました(^-^)v