読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SUIKAのSMILE通信

大自然と遊んだ日記 (防備録兼ねてます)

暑かった~ 会津駒ケ岳

2014年8月22日(金)☼☼

 

休みを取ってオトーと山友と唐松岳に行く予定だったのだけど、

北アルプス方面の天気予報がイマイチ良くなく、予報もコロコロと変わり、

結局、9月に変更 残念(>_<)

さぁ、どうしよう・・・・

 

せっかく取った年休だもん 

明日、天気が良さそうなところはどこかな?と調べてみると

新潟中越や福島方面が良さそう。

「丹後山」も候補のひとつでしたが、もう少し涼しくなってからにして、今回はすこし遠出をして「会津駒ケ岳」にいくことに決定!

会駒は尾瀬の近くだからきっと涼しいと思うよ~~

 

夜中の4時に家を出発

352号線を走らせていると、

f:id:suika980:20140822053136j:plain只見湖からの霧が湧き上がり、こんな幻想的な景色を作り出していました。 

 

f:id:suika980:20140822053306j:plain

今日は最高の山行になりそうだよ~ 

 

平日の朝、初めて対向車とすれ違ったのは鷹ノ巣あたり

空いてるね~

 

何度も訪れた尾瀬御池を通りすぎ、予定通り滝沢登山口に到着

平日だというのに、登山口手前の駐車場は満杯 

運良く1台分のスペースが空いていた。ラッキー!

登山開始7時15分 

 

登山カードを出して、

急な階段を登ると、

つづら折の急な登山道が始まります。

 

先日、丹後山の登山道をチェックしてきましたが、丹後ほどではないな、

でも六万騎よりも急だな・・・守門よりどうだろ・・守門の方が急かな?

西黒尾根ってどんなんだろ・・など、今まで登った山やこれから登ろうとしている山の道を比べたり想像しながら登りました。

 

f:id:suika980:20140822090312j:plain

最初は急坂が続きますが、ほどなく緩やかになってきます。

全体的に登山道は綺麗に整備され、とても登りやすい道です。

下山してくる方とも楽チンにすれ違うことができます

f:id:suika980:20140822092556j:plain

さすがだわ 100名山

 

しかし、今日は問題が・・・・

暑い(>_<)  

 

涼しいと思っていたのに、暑すぎる

体中の水分が汗となって顔面からポタポタ落ちる 

だめだわ・・この暑さ・・足が前にでない・・・体が重い(毎日でしょ!)

休みだすとリズムが狂うのでできるだけ休まずに行きたいのだけど、無理ですわ~

 

経口飲料に、クエン酸、岩塩に助けられながらもなんとかここまで来れましたよん。

f:id:suika980:20140822103638j:plain

ながーいながーい樹林帯を抜け、ようやく見えた駒の小屋 (左側だよん)

 

f:id:suika980:20140822103426j:plain

 可愛いすぎるこの景色

アルプスの少女ハイジ

大草原の小さな家のローラじゃん!

 

f:id:suika980:20140822105002j:plain

さぁ行きましょう!

相変わらず暑いですが、この景色と時々吹いてくる涼しい風で

息を吹き返したよ~ (^O^)

 

ここまでは、お花を見る余裕さえ無かったのだけど、

f:id:suika980:20140822103938j:plain

お花を見る元気も出てきた

 

f:id:suika980:20140822114344j:plain

 

 

f:id:suika980:20140822104044j:plain

 

 

f:id:suika980:20140822111454j:plain

 

さぁ、も少しで

f:id:suika980:20140822110031j:plain

着くよ~

 

f:id:suika980:20140822110349j:plain

着いたよ~ 

駒の家の前の大池に!

小さいですが大池 

大池に映る逆さ会津駒ケ岳

駒の家は山頂ではなく、ここから20分ほど、前方に見える小高いお山のピークが

山頂で~す。

 

お腹がすいたのでランチにしたいのですが、山頂に行ってからにしようね。

ザックをベンチにデポして、お水とポシェットだけもって、山頂アタッ~ク!

 

f:id:suika980:20140822112702j:plain

山頂に向かう途中から 振り返る 大池と駒の小屋が絵になるね

(な~んとなく、このお山はわが南魚沼が誇るマッキー(巻機山)に雰囲気が似てるね。前巻からみた本巻、避難小屋からみた池塘と山頂あたりが・・)

 

f:id:suika980:20140822112808j:plain

 小屋から20分程でとうちゃこ! 

おつかれさーーーーん!

 

f:id:suika980:20140822113309j:plain

山頂からは、燧はバッチリ! 残念、富士山は見えませんでした。

 

f:id:suika980:20140822113254j:plain

よくあるポーズですな・・

 

山頂を後にして、このあと私たちは大池のベンチでランチタイム

強い日差しを浴びながら、暑いカップ麺を食べました。

しょっぱくておいちかった。

暑いけど・・

 

午後は雨になりそうな雰囲気、

とーくのほうは雷の音

12時半には下山開始しようね

 

f:id:suika980:20140822123555j:plain

また来るねん!

真っ白でモクモクの入道雲がとても綺麗なので、思わずパチリ!

 

青空に白い雲 緑の山肌に可愛い駒の小屋

やっぱ100名山だわ~

 

今日来てよかった~

とっても暑かったけど、最高の天気に恵まれました!!

 

さてと、下山も集中だよ~

ゆっくりゆっくり

転んでまた膝を切らないよう、足元に注意しながら、牛歩の如く。

 

あ~ぁ、下山も暑いなぁ~

目指すは車のエアコン

目の前に階段が突然現れたときは、嬉しかったなぁ~

 

何事もなく、2時間15分かかって登山口に到着

お疲れ様でした~ オトーとハイタッチ! 

「あっちかったね・・」

 

車のエアコンをガンガンに効かせ、速攻で「駒の湯」へ。

駒の湯・・貸切状態じゃーん

今日は平日の真昼間だもんね

 

下山の報告をするために家に電話をすると、

「おー、生きてたか!今日は南魚沼は物凄い雨と雷だったんだ、そっちも大変だったんじゃないかと心配したよ~」とばぁちゃんの声。

ランチの時に聞いた雷の音は新潟方面の局地豪雨だったのかもね。

こんなときは危険は352号線は避けて、只見経由の60里越で帰りましょう。

 

檜枝岐では私達が駒の湯を出発しした後に雨が降ったようですし、

只見に行く道中では、かなりの大雨と強風が吹いたと思われ、木の葉が道に散らかり、いくつかの沢の水が氾濫しておりました。それでも私たちは家に着くまでの間、一度も雨にあたることはありませんでした。

 

いつかは行きたいと思っていた「会津駒ケ岳」に、おもいかけず訪れることができました。暑かったけれど、雨に一度もあたることなく素晴らしい景色に会うことができました。

秋の会駒はどんな景色なのでしょう。

 

秋に行きたいお山がた~くさんあって大変だ~ (((o(*゚▽゚*)o)))

f:id:suika980:20140822123916j:plain

 最後に、やっぱりほら、ここいらへんがマッキーに似てるよん