読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SUIKAのSMILE通信

大自然と遊んだ日記 (防備録兼ねてます)

新雪のブナ林 八海山麓スキー場


お正月明け、体も頭もお正月モードが抜けないところにもってきて、
なんだかんだと忙しい1週間がようやく終わった土曜日。
案の定起きれず目が覚めたころには、オトゥはもう出勤していた。
すまんオトゥ m(__)m

オトゥも最近は忙しく、めったに土日が休みにならず、山に登れない日が続く。
最後に二人で登ったのは晩秋の蓬峠かな(ー_ー)!!

土曜の朝、外は青空が広がっていた。
久しぶりの青空だ!
あいにく、山友は11時半から13時半まで時間が空かないという。
天気予報によると午後から天気は崩れるらしい。

簡単に朝食をとり、とりあえず、冬の里山登山の支度をし
行き当たりばったり、どこかトレースがついた山に登ろう、と家をでた。

最初に行ったのは大好きな大力山(10時すぎ←遅いでしょ!)
この時点で、駐車場は満杯。 雪の壁で道幅が狭くなっているので路上駐車も
できない。 悔しいけど、大力山はあきらめた。
もっと早く来るべきだった・・・

坂戸山も考えたが、一人で坂戸は淋しい・・ 

そうだ、八海山麓の森へ行こう!


一人でも安心して行けるスキー場裏手のブナの森。
ノルディックコースが圧雪車で整備されていて、スノーシューは必要ないくらいだけど、
せっかくだから履いて歩く。


太陽の光の反射で新雪がキラキラと輝いている☆
(キラキラ感伝わりますぅ?)


コースの途中から森に入ります。まだ誰も入った形跡が無い。
今シーズン、最初の森人かも。
膝まである柔らかな新雪をラッセルして登っていく。


ほんの少し登った先はブナの森


まっすぐに伸びたブナの木から漏れる太陽の光を浴びる☆
ここに来てよかった。


ひときわ高いブナの木を見上げる。

========================
動物の足跡を探しましたが、足跡はありませんでした。
去年、ここにきたとき、白い山ウサギを見かけたのですが・・・
この辺はあまり動物がいないのかもしれません。
========================


林の中からスキー場を眺めながらの休憩
スキー場で流れる音楽ってだいたい決まっているよね。
ユーミンとか広瀬香美とか♫♬


ブナ林を降りノルディックコースの先を少し歩くことにした。
誰の踏み跡もないコースをザクッザクッと音を鳴らせて歩いていく。
気持ちのいい音だ!
足跡は私のだけだ!
スキー場から流れる歌を口ずさみながら行くもんね〜♪
ひとりなので恥ずかしくないもんね〜


さて、そろそろ帰ろうかな。
歩いてきた道を戻ります。


私がラッセルしたトレースを再確認。
なかなかの出来(^-^)v


あの丘の上がブナの森です。
あっという間に登れます。


遠回りして帰る途中で見た越後駒ケ岳は最高に綺麗でした。

今度、天気のよい休みには早起きして大力山に行こう!
絶対に(((o(*゚▽゚*)o)))